松谷 武判 Takesada Matsutani

経歴

1937年
大阪市に生まれる
1957年
大阪市立工芸高校日本画科中退
1960年
吉原治良に師事
1963年
具体美術協会会員となる
個展  グタイピナコテカ、大阪
1966年
現代美術の動向展   東京、京都国立近代美術館
フランス政府選抜留学第1回毎日美術コンクール留学賞受賞
渡仏、以後現在にいたる(パリに在住)
1967年
S.W.ヘイターの版画工房に入門、69~70年助手を務める
以後、クラコフ版画ビエンナーレ、リュブリアナ版画ビエンナーレ、
イギリス国際版画ビエンナーレなど数々の国際版画展で受賞する
1968年
個展  ズニーニ画廊、パリ
1969年
現代美術の動向展  東京、京都国立近代美術館
1971年
今日の100人展  兵庫県立近代美術館、神戸市
ジャパン・アート・フェスティバルー現代の日本美術 展 リオデジャネイロ近代美術館、ブラジル
1972年
第23回ヴェニスビエンナーレ版画部門招待出品
1979年
神奈川アンデパンダン版画展(81,82年も) 神奈川県民ホール
1982年
開館30周年記念展・近代日本の美術 東京国立近代美術館、東京
1983年
視線 今日の日本現代美術展  ジュネーヴ歴史美術館、ジュネーヴ
1986年
今日の白と黒の芸術  埼玉県立近代美術館、埼玉
1988年
現代日本美術の動向 絵画PART2  富山県立近代美術館、富山市
1990年
「具体」未完の前衛集団  渋谷区立松涛美術館、東京
絵画の冒険者たち「具体」展  福岡市美術館、福岡市
1992年
具体美術協会の作家たち  宮城県美術館、仙台市
1997年
重力 戦後美術の座標軸  国立国際美術館、大阪
2000年
波動・松谷武判展  西宮市大谷記念美術館、西宮市
2001年
日仏現代作家展 重要文化財 旧小西邸、大阪
3 MONOCHROMES展 ギャラリーほそかわ、大阪
2003年
「具体」回顧展 兵庫県立美術館、神戸市
個展 ギャラリーほそかわ、大阪
2002年
あたらしい画面をもとめて 松谷武判x 孫雅由 和歌山県立近代美術館、和歌山
西宮市民文化賞を受賞
2007年
呼応する精神―1960年代の日本現代美術  カールトン大学アートギャラリー、オタワ、カナダ
30年分のコレクション 国立国際美術館、大阪
個展  アンドレ・マルロー文化センター、アジャン、フランス
2008年
現代美術の冒険 西宮市大谷記念美術館、西宮市
2010年
松谷武判展-流動- 神奈川県立近代美術館、鎌倉
2013年
Gutai – Splendid Playground グッゲンハイムミュージアム、ニューヨーク
個展 Hauser & Wirth, London
2014年
兵庫県文化賞を受賞
2015年
MATSUTANI CURRENTS 西宮市大谷記念美術館、西宮
2017年
ヴェネチアビエンナーレ国際展 VIVA ARTE VIVAに招聘出品
20周年展 MONOCHROMES 安齊重男・福岡道雄・松谷武判 ギャラリーほそかわ